2010年12月13日

<米公電暴露>北朝鮮がクラプトン公演希望 正哲氏がファン ホント?

今日の話題は?
後味が悪いのは避けたいのですが。
ヘッドラインをとり上げてみました。

☆★☆

<米公電暴露>北朝鮮がクラプトン公演希望 正哲氏がファン
毎日新聞 12月13日(月)11時27分配信

【欧州総局】西洋音楽の国内流布を禁じている北朝鮮政府が07年、英国の人気ロック歌手、エリック・クラプトンさんのコンサートを平壌で開催できるよう、在韓米大使館に調整役を依頼していたことが、内部告発サイト「ウィキリークス」の暴露した米外交公電で分かった。英紙ガーディアン(電子版)が11日伝えた。

公電は金正日(キム・ジョンイル)総書記(68)の次男、正哲(ジョンチョル)氏(29)が大のクラプトンファンであることを指摘。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101213-00000013-mai-int

★☆★



今日のお話は、いかがだったでしょうか?
期待してください。
社会状況の天気予報が当たれば、バッチリ!


コム新規
今日の補修
新規ウォーク
新規コム
今日の勉強
今日の目利き
今日の熟知
今日の自習
posted by わたるib71 at 14:42| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

北朝鮮、ミャンマー核施設支援か…米公電で英紙 について

今回はこれです。
ちょっと時間があるので書き込みです。
ヘッドラインのことを書いてみたいです。

☆★☆

北朝鮮、ミャンマー核施設支援か…米公電で英紙
読売新聞 12月10日(金)14時38分配信

【ロンドン=工藤武人】英紙ガーディアン(電子版)は9日、内部告発サイト「ウィキリークス」が公開した米国の外交公電に基づき、ミャンマー軍事政権が北朝鮮の協力で核・ミサイル施設の建設を秘密裏に進めている疑惑を示す複数の証言を米国政府が入手していたと伝えた。

在ヤンゴン米大使館が2004年8月に送った公電によると、中部ミンブに地対空ミサイルの地下組み立て施設があり、約300人の北朝鮮スタッフの姿を見たとの証言を米大使館員が得たという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101210-00000650-yom-int

★☆★



いやー、やっと今日もおわったぞっと!
今後もごひいきに!
では、では。


多汗とわきって・・・1
シ○のとりかた・・・
多汗とわきって・・・3
ワキ○○の超音波って・・・2
多汗とわきって・・・2
講座web
わきとワキについて1
シ○が消える・・・
posted by わたるib71 at 22:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィキリークスへの圧力懸念=表現の自由阻害の恐れ―人権高等弁務官 を取り上げてみました。

今回はこれです。
まあ、平凡で単調っていうのもいいかもね。
ヘッドラインに関して、ウィキリークスへの圧力懸念=表現の自由阻害の恐れ―人権高等弁務官 を取り上げてみました。について調べてみました。

☆★☆

ウィキリークスへの圧力懸念=表現の自由阻害の恐れ―人権高等弁務官
時事通信 12月10日(金)1時1分配信

【ジュネーブ時事】ピレイ国連人権高等弁務官は9日、当地での記者会見で、内部告発サイト「ウィキリークス」への寄付が、金融機関による口座閉鎖などで妨害されている問題について、「情報公開への検閲ともいえ、表現の自由を認めた権利に抵触している可能性がある」と述べ、ウィキリークスへの圧力に懸念を示した。

弁務官は、同サイトによる機密情報の暴露が「知る権利と安全保障確保や公的秩序との複雑なバランスの問題を提起した」と指摘。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101210-00000008-jij-int

★☆★



いや、なんかしんどい今日この頃ですが、がんばっていきましょう。
やれやれ、やっとです。
さいなら!


最新情報3
最新.com
今日の道理
消えたにおいは・・・
美容は宮城で・・・
今日の教育
新規web
新規ブログ
posted by わたるib71 at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。